カスペルスキー(インターネットセキュリティー)

ウイルス検知率 世界最高水準のカスペルスキー、Kaspersky

●紹介

 カスペルスキーはロシアのカスペルスキー研究所が開発したソフトです。カスペルスキー研究所は、1997年にロシア国防省で暗号開発に携わっていたユージン・カスペルスキー氏が創業しました。ロシアやCIS(独立国家共同体)諸国、東欧でのシェアは60%と圧倒、西欧でも10〜15%程度のシェアを握っています。

 米企業にもライセンス供与しているので、同社のセキュリティソフトを使っているユーザーは2億人にも上るといいます。F-Secure や G DATA にスキャンエンジンをOEM提供しています。

 前バージョンの Ver.5 (カスペルスキーアンチウイルス5)は、株式会社ライフボートが国内での独占販売権を取得し、販売及びサポートの一時窓口をしていましたが、2006年11月17日に発売された Ver.6 (Kaspersky Anti-Virus 6.0)からは、ジャストシステムが5年間日本国内の独占販売権を取得しています。

 Kaspersky は NOD32 の98.61%を抜いて99.06%とトップ。
(AV-Comparative 2006年8月調べ)

 マルウェア検知率において、ほぼ100%の検知率で、毎年業界トップレベルを維持しています。

○新種ウイルス対応 世界最速

 新種ウイルスへの平均対応時間は、平均1時間26分と、トレンドマイクロの5時間33分を抜く他社製品を圧倒する対応速度を記録しています。
(AV-Test.org 2005年12月調べ)

○定義ファイル更新 約1時間に1回

 ウイルスは1時間毎に約10個〜20個も発生することがあります。カスペルスキーは、約1時間に1回ウイルス定義ファイルを配信することができるので、新種のウイルスにも迅速に対応できます。
(AV-Comparative 2006年7月調べ)

 どんなにウイルス定義ファイルの更新が早くても、新種や亜種のウイルスに対する防御能力は必要にです。その点、カスペルスキーは、未知のウイルスに対してもプロアクティブディフェンス機能によりパソコンを保護します。

●ヒューリスティック
●アプリケーションインテグリティコントローラ
●ルートキット対策
●レジストリガード
●Officeガード
●マルウェア活動のロールバック

 ヒューリスティックはふるまい検知といって、脅威となるマルウェアに類似した動きをするプログラムを検知すると、危険度を判定しユーザーに通知するものです。ウイルスと認定される前の未知のマルウェア対策に有効です。

○製品紹介

 ウイルス以外の脅威への対策を盛り込んだ、アンチハッカー、アンチスパイ、アンチスパムを統合した「カスペルスキー インターネット セキュリティ」があります。

 アンチハッカーはファイアウォール、アンチスパイはフィッシング対策、アンチスパムはスパムフィルターが主な機能です。

 スパムフィルターはホワイトリスト、ブラックリストに作成機能や、ベイズ理論に基づく学習機能を持ち、Outlook 専用プラグインも用意されています。

 開発は kaspersky Labs International。販売はジャストシステム。電話とメールで365日サポートしてくれるので初心者でも安心です。

対応OS:Windows XP/2000
CPU:PentiumV以上
必要メモリ:256MB以上
HDD空き容量:50MB以上

○使用感想

 価格は他社製品と比べて高めですが、堅牢なセキュリティが求められる個人情報を保持するパソコンを持つビジネスマンに、最適なウイルス対策ソフトです。

カスペルスキー インターネット セキュリティ 6.0

Kaspersky Internet Security 6.0 12+3ヶ月特別優待版


カスペルスキー アンチウイルス 6.0

Kaspersky Anti-Virus 6.0 12+3ヶ月 特別優待版


複数台で利用すると経済的な、2+1ユーザー版や4+1ユーザー版もあります。

----PR-----------------------------
アフィリエイトで収入を得たいあなたに朗報!

●95%の人がなぜ、アフィリエイトで
 5000円すら稼げないのか?
●初心者が必ず陥る、
 アフィリエイトの間違った常識とは?
●アフィリエイトで稼ぐために
 必要なある手順とは?

片手間アフィリエイトで
手堅く稼ぐ方法
期間限定
無料プレゼント中!

詳しくはこちらをクリック!
-----------------------------------
ファイル転送ソフト
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。