ウィルス対策ソフトについて

●『ウィルス対策ソフト』若しくは『アンチウイルスソフトウェア (Anti-Virus Software) 』とは、コンピュータウイルス(以下ウイルス)を検出・除去するためのソフトウェアです。単に「アンチウイルス」、または「ワクチン(ソフトウェア)」、「ウイルス対策ソフトウェア」などとも言われています。

 なお、ウイルスソフト等と呼ばれることもありますが、この呼び名ではこのソフトウェア自体がウイルスだという意味に取れるので、不適切な呼び名になります。(なお、「〜ソフトウェア」の略語として「〜ソフト」とも言う。)


●基本的には、コンピュータに常駐して作動するソフトウェアで、次のような動作をします。

・コンピュータウイルスの特徴など(パターン)を記録したデータファイル(パターンファイル、定義ファイルなどともいう)とコンピュータ内部で遣り取りされるデータを照合します(パターンマッチング)。照合対象は、ファイルの静的検索型が基本的であり、さらに読み書きされるファイル等のデータを動的検索するもの、Webブラウザやメーラーで送受信されるデータ(添付ファイル、スクリプト等)を動的検索するものがあります。

・内部にウイルスが発見された場合は、除去できれば除去を行い、除去できないものも含めて何らかの警告を出す。

【主に、クライアントを対象とするものと、サーバ(メールサーバ、データサーバなど)を対象とするもの(ゲートウェイ型)に分かれます。】

 データファイル(パターンファイル等)や、ウイルス検索エンジン(検索プログラム)は、新しく発見されたウイルスに対応するために、頻繁に更新されています。また、最近のクライアント向けアンチウイルスソフトウェアでは、インターネットから自動的にダウンロードして更新するものが主流です。しかし、しばしば、それらの更新ソフトウェアのテストが不十分なために、それらが自動更新された多くのユーザのパソコンが動作不良・起動不能になったりするなど、トラブルが発生しています。

 なお、スパイウェアを発見・駆除するものはアンチスパイウェア等と呼ばれます。またパーソナルファイアーウォール、アンチスパム等の製品とも区別されます。これらの総合対策スイートとして提供される製品もあります。また、アドウェアやフィッシング(Phishing)対策ソフトウェアも今後展開しようとしています。

 これらの有害なプログラム類を総称して不正ソフトウェア、マルウェアと呼び、これへの対策を不正ソフトウェア対策、マルウェア対策と言います。この対策をするソフトウェアを、不正ソフトウェア対策製品ないしアンチマルウェアと言います。経緯上、アンチウイルス ソフトウェア(Anti-Virus Software)はアンチマルウェアとの戦いの始まりに相当します。

 このようなアンチウイルス、アンチスパイウェアを装ったマルウェア (WinFixerなど) が登場しているので、この点も今後の注目になります。

----PR-----------------------------
アフィリエイトで収入を得たいあなたに朗報!

●95%の人がなぜ、アフィリエイトで
 5000円すら稼げないのか?
●初心者が必ず陥る、
 アフィリエイトの間違った常識とは?
●アフィリエイトで稼ぐために
 必要なある手順とは?

片手間アフィリエイトで
手堅く稼ぐ方法
期間限定
無料プレゼント中!

詳しくはこちらをクリック!
-----------------------------------
ファイル転送ソフト
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。